見直しの注意点

最近は様々な保険会社がお得なプランを打ち出しているため、生命保険の見直しをする際に他の保険会社のものへ切り替えをしたいと思うこともあるものです。しかし、他の保険会社に切り替えるときには試算をした上で決めることが必要です。保険を解約するときには返戻金というものが受け取れ、今まで支払った保険料の一部が戻ってきます。しかし、これはあくまでも保険料の一部であり、加入年数によって受け取れる金額が異なるために、状況によっては支払った保険料のうちごく一部しか戻ってこないことがあるのです。

もちろん、長期的に見れば今加入している保険を解約して新しいものに入り直した方がお得ということはあります。これは、受け取れる保険金の金額や付帯する特約の内容、現在加入している保険の返戻金や保険の内容といったものを総合的に判断して最終的にどのくらい得をするのかを確認してから切り替える必要があります。

自分だけでこの判断をするのは、適切な判断ができるか不安になるものです。そこでオススメなのが保険の窓口で相談をすることです。最近、いろんなところで見かける保険の相談窓口は複数の保険会社が共同出資して運営しているため複数の保険会社の中から自分にあったものを選んでもらえますし、現在加入の保険との比較検討、継続した方が良いかも判断してくれます。自分で判断すると考えが偏りがちですからプロの視点からのアドバイスはとても参考になります。

参照ページ《https://www.hoken-clinic.com/》